CD離れと言われているのにCDショップが無くならない理由

CDの素晴らしさが店を生かす

CDの魅力を再確認してみよう

CD販売店がなぜなくならないのか。 店側の工夫や店員さんの努力が支えになっているのです。 たまに目的がなく行っても楽しめるように、考えられた陳列方法、店員さんの知識、どれも知れば知るほど、感動さえ覚えます。 時間があるときにフラッと立ち寄ってみてはいかがですか。

CDの魅力は曲を聴く事だけではない

CDは曲を聴くものです。 それだけでは今の時代CDは売れません。 ではどうしたら売り上げにつながるのか、昨今のCDは工夫されているものが非常に多いです。 CDケースの形を変えてみたり、歌詞カードに工夫をしてみたりと、様々です。 今回は特に知ってほしいものを紹介していきましょう。

CDの存在価値とはなにか

CDの売れ行きが中々伸びないのは、CDを買う必要性がないからなのかもしれません。 もう一度CD本来の必要性と存在価値を考えてみましょう。 そして気になる歌手のCDを買う際に、どんなものを選べば良いのか、そしてCD販売店でCDと同じくらい売り上げがあるものを紹介しましょう。

CD販売店の魅力が経営のヒント

皆さんは、最近CDを購入しましたか。
最近ではスマートフォンで曲をダウンロードしたり、動画投稿サイトで検索すればいくらでも曲が聴ける時代になりました。
CDをお店に出向いて、買う手間もなく、ダウンロードしてしまえば、いつでもどこでも聴けるので、CDを買う機会がなくなってきてしまっているのです。

動画投稿サイトも同じくいつでもどこでも、音楽を聴けるものですが、音楽を聴けるだけではなく、プロモーションビデオも見られる事が多いので、音楽業界は昔よりもプロモーションビデオに力を入れているアーティストが多いようです。

プロモーションビデオはその曲のイメージ映像で、昔は音楽番組のランキングで少し流れるくらいで、あまり見る機会がありませんでした。
現在では音楽番組自体が減ってしまい、アーティストの情報や、新曲もテレビでは知れることが少なくなってしまいました。
テレビでの音楽離れが、CD離れに拍車をかけたのかもしれません。

しかし、CDにも魅力がいっぱい詰まっているのです。
CDを買ってもらう為に、色々な努力をしています。
今回は様々な視点からCDの良さCDショップの努力を紹介して、皆さんにCDの魅力を知っていただきたいです。
たまにCDショップに行くと、今まで興味がなかったジャンルも興味を持ったり、好きなアーティストの新たな魅力を感じられるかもしれません。
音楽のジャンルは色々な種類があり、それぞれの良さがあり、CDの中に詰まっています。
CDショップがなくならない理由がわかってくるかもしれません。

おすすめリンク