CDの魅力を再確認してみよう

店の考えた販売方法

CD販売店では、様々な工夫をして、CDを販売しています。
CDの陳列にもこだわりがあり、面出しといった、今人気だったり、おすすめのCDの表面を向けて陳列しているのです。

そして、ジャンルによっても陳列方法を変えているところが多いようです。
それは特に何を買うか決めていないお客さんが、自分の好きなジャンルの中から選ぶことができたり、興味がなくあまり聴く事がない音楽ジャンルに興味を持ってもらうために、初心者でも聴きやすいと店員さんが思うCDをまとめて陳列をしていたりと陳列一つでも工夫がされています。

このように、店員さんの情報量の多さにも感動ですが、CD離れを少しでも取り戻そうと、日々販売する側も努力しているのです。

店員さんの情報量には感動

聴きたい歌がある、でも歌手の名前も歌の題名もわからない。
これではお手上げだと、諦めてしまう事ありませんか。
しかし、諦めるのはまだ早いかもしれません。
そんな時は迷わず店員さんに聞いてみましょう。

店によって違うのですが、大型チェーン店では、音楽にとても詳しい店員さんが一人はいます。
探している曲の雰囲気、ジャンルなどでも、探してくれたりします。

店員さんの情報の多さはびっくりするほどです。
店に行き、困ったときは店員さんに聞いたり、何を買うか迷った時は、おすすめのCDなども教えてもらってみてはいかがですか。
知らないアーティストでも購入して聴いてみる価値はありそうです。
このように、自分が聴く音楽のジャンルを広げてみるのも良いでしょう。